【中3高校受験】公立高校受験と偏差値の関係とは? - 75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル・高校受験勉強法

【中3高校受験】公立高校受験と偏差値の関係とは?

公立高校の受験において偏差値はどのような関係があって
どのような影響が出てくるのでしょう?

ご存知だと思いますが、公立高校の受験は、
入試当日の得点で合格不合格が決まります。

つまり、志望する高校の得点上位者に入らないと
合格できないのです。

もし、得点が高くても、志望した高校のレベルが高く
受験者が皆、得点が高かったら上位に入ることが
出来ない場合があり、不合格となります。

逆に、得点が低くても、志望した高校の受験者の
得点が低いと、上位に入って合格できる可能性が
高いのです。


そのため、公立高校受験で確実に合格するためには
なるべく得点が上位に入ることが出来そうな高校を
選ばなくてはいけないでしょう。

その際、必要になってくるのが偏差値です。

偏差値は、自分の成績がどのくらいの位置なのかが
はっきりわかる良いモノサシのような感じなのです。

5段階の相対評価と偏差値は、既に人数分布が決まっています。

だから、自分の偏差値をしっかりと把握していれば、
自分が入学を志望している高校を同じく受験する学生の中で、
自分がどのくらいの順位に位置しているのか把握することが出来ます。

もし、その志望校で上位に入れないようであれば、
志望校を変更するか、または、上位に食い込めるように
一生懸命勉強をする必要があります。


お子さんは、どちらを選ばれるでしょう?

偏差値が低いから志望校のレベルを下げて変更するか?
懸命に勉強して偏差値を上げて志望校のレベルを上げるか?


もちろん、偏差値を上げて志望校のレベルを上げるに
越したことはないでしょう・・・。


しかし、問題はそんな簡単に短期間で偏差値を上げる事が
出来るのか?ということではありませんか?

そんな受験生のために公開されているのが、
こちらの「75日で合格!公立高校入試必勝法」という
高校受験勉強マニュアルです。


75日で合格!公立高校受験勉強法

>>詳細はこちら




この、高校受験勉強法を実践したお子さんは、
ほとんどが、最初の志望校の1ランクも2ランクも上の
公立高校に合格されています。

中には、公立は無理と言われていたお子さんも
見事に公立高校入学を果たされています。


偏差値は全てではありませんが、
お子さんの勉強意欲を高める指標となるかもしれません。

偏差値を見る時に注意して頂きたいのが、
もし、お子さんの偏差値が50であった場合、
50からプラスマイナス3がお子さんの
偏差値の範囲であることを知っておいて下さい。


もし、偏差値を5でも10でも上げたいと思われるなら
ご紹介しているこの勉強法だったら、
効率よく短期間に上げることが可能です。


75日で合格!公立高校受験勉強法

>>詳細はこちら


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル・高校受験勉強法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。