【公立高校受験】面接のコツとポイントとは? - 75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル・高校受験勉強法

【公立高校受験】面接のコツとポイントとは?

高校受験に付き物なのが、筆記試験ともう一つ、面接です。

エッ!私立高校ならいざしらず、公立高校でも面接があるの?
そう思った方もいらっしゃるかもしれませんね・・・。

実は、ここ数年、面接試験を実施する公立高校は年々増えています。
しかも、その面接試験の重要性も年々高まってきているのです。
2010年現在、全国の75%の公立高校が面接試験を実施しているそうです。

だから、面接試験の準備も抜かりなくしておくことが重要です。


では、公立高校受験でも面接ではどのような所に気を付けて、
どのようなところにポイントをおいたら良いのでしょう!

いくつかポイントをお話していきたいと思います。


面接は、筆記試験だけでは見ることの出来ない本人の内部が判断されます。

公立高校なら、超難関校とは違って、最低限の常識や
コミュニケーション能力さえあれば、特に問題はないでしょう。

だからと言って、油断は禁物です

なぜなら、面接は日頃の生活態度などが
すぐ表面に現れて来てしまうので、注意が必要なのです。

まず1つ目のポイントとしては、その高校をなぜ選んだのか、
入学後にはどのような目的を持って勉強していきたいか、

などを、はっきりと言えるようにしておくと良いですね。

また、公立の高校を受験されている方は、
他の高校も受験されていることが多いと思います。

もし、その高校が第一志望でなかったとしても、
わざわざ嘘をつく必要はありません。

それよりも、将来の目標や夢などをしっかりとした態度で
受け答え出来るようにしておいて下さい。


2つ目は、日頃の生活習慣やマナーが出来ているかどうかチェックです。

志望動機なども聞き出すことも、
面接官にとっては重要なポイントではあります。

でも、実は面接では、面接中のしぐさや態度を見て、
コミュニケーション能力やしっかりとしたけじめがついているか、
などをチェックしているのです。

面接を行う教室に入ってから退室するまでのマナーや態度、
服装なども、しっかりとチェックされています。

マナーと身だしなみには、日頃から気を使っておくことが大切ですね。


このように高校受験での面接の重要性は増してきています。


ただ、面接だけで合格出来るわけではありません!!
その前提となる筆記試験も一定以上の得点が必要です。


もし、志望校に合格できるレベルに達していないのなら
その必要な学力を今から付けていくことも必須条件です。

それを、短期間で実現できる高校受験勉強法として
オススメしたいのがコチラです。


75日で合格!公立高校受験勉強法

>>詳細はこちら


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル・高校受験勉強法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。